資金繰り表は支払い管理が出来るだけではない!運転資金の融資では絶対に必要です

【資金繰り表】

資金繰り表をご存知でしょうか。

全く知らないという経営者は少ないでしょうが、資金繰り表を作成した方がいいとは思うけれど作成出来ていないという経営者も多いのではないでしょうか。

資金繰り表とはその名の通り、今後の資金繰りの予定を表形式であらわしたものです。

視覚的に分かりやすくまとめられるため、いつ支払い期限が来てどれくらい資金を準備しておかなければならないのかが一目でわかるようになります。

請求が来る都度なんとなく支払いをしていてうまくいっているのであればよいのですが、やはりきちんと資金繰り表などの管理表を作成しておくと間違いを防ぐことが出来て安心です。

 

支払いの管理に資金繰り表が大切だということはご理解いただけると思います。

ですが普段の支払い管理だけでなく、資金繰り表が最も威力を発揮する瞬間があります。

それが融資交渉の場面です。

 

【設備資金の調達】

その前にまずは金融機関等で設備資金の融資を受ける場合をみていきましょう。

設備資金の融資の場合は比較的シンプルです。

資金使途が明確なため、投資する設備を決めてしまえば、工事なり資産の購入なり、その見積書を入手しておくことで必要な設備資金の金額が算定出来てしまいます。あとはその工事なり資産なりの詳細がわかる資料やパンフレットなどもあれば融資担当者もイメージがつきやすくなります。

こうして必要金額はすぐに判明するため、あとはそれの返済計画をお伝えするだけです。

具体的には売上計画や利益計画など数年単位の中長期の経営計画を策定し提示することになります。

設備資金の場合は金額が比較的多額になることが多く、返済期間も中長期になりがちです。何年かかってでもきちんと返済できることを示す必要があります。

金融機関等の融資の場合、いくら必要なのかとちゃんと返せるのかの2点が特に重要になりますので、この2点をしっかり根拠を示しながら融資担当者に説明する必要があります。

 

【運転資金の調達】

さて、資金繰り表が最も威力を発揮する場面というのがこの運転資金の融資を受ける際です。

運転資金を借りたいという経営者は多いはずです。ですが運転資金とは内容が非常に多岐に渡るため、運転資金と伝えただけでは内容が曖昧過ぎるため融資担当者も困ってしまいます。

まずは具体的にどういった用途で使用するのかを特定する必要があります。

  • 仕入代金
  • 人件費
  • 広告宣伝費
  • 賞与資金

など、どうして必要なのかを融資担当者に詳しく説明する必要があります。

そのうえで、いくら必要なのかを説明する際に資金繰り表が活躍します。

資金繰り表ではいつ支払いが発生していつ資金ショートが起きてしまうのかが一目でわかるようになります。いくら融資があれば資金ショートを回避することが出来るか判断できるのです。

そしてこの資金繰り表は返済計画も兼ねています。つまり、いつ売掛金等が回収され返済原資が整うのかも一目でわかるのです。

したがって運転資金を借りたい時には資金繰り表を作成しておくと融資担当者の説得もしやすくなります。

このように運転資金を借りたい場合には必須とも言える資金繰り表ですが、特に赤字企業で運転資金融資を受けたい場合には資金繰り表を絶対に作成しておきましょう。

赤字企業では融資を受けることが難しいのが通常です。赤字なのですから融資を受けても返済が出来ないと判断され、融資担当者からの印象はよくありません。

しかし資金繰り表を作成することで必要金額と回収時期が明確になるため、赤字企業でも融資を受けられる可能性がグッと上がるのです。

 

【まとめ】

このように融資の場面で非常に役に立つ資金繰り表ですが、融資の際だけでなく普段から作成しておくと資金管理能力や経理能力が高いと判断され銀行等からの印象もよくなりますので是非作成しておきましょう。どう作成すればよいのかわからないという場合には是非当事務所にご相談ください。

他にも売上相手先別一覧や仕入相手先別一覧なども作成しておくと、受注増に伴う運転資金の調達の場面では役に立つことがあります。

 

 

埼玉、群馬、茨城、栃木、東京などの関東圏を中心に当事務所(埼玉県久喜市)では創業融資財務顧問といったサービスを行っています。

また、無料で財務診断も実施しています。

お気軽にご相談ください。

 

開業・創業したばかりの経営者様や中小企業の経営者様向けに資金調達のコラムのまとめページを作成しました。お役立てください。

こちら⇒ 資金調達のまとめページ